鄙のビジネス書作家のブログ

鄙で暮らす経営コンサルタント(中小企業診断士)・ビジネス書作家六角明雄の感じたことを書いているブログ

カイゼンの積み重ね

先日、カイゼンコンシェルジュの石井住枝

さんの勉強会に参加してきました。


石井さんによれば、石井さんがトヨタに勤

務しているときは、上司から毎日、「きょ

うはどれだけ仕事をしましたか」ときかれ

ていたそうです。


ここでいう「仕事」とは、もちろん、単に

作業をすることをさしているのではなく、

価値ある行動、すなわち、「カイゼン」の

ことであり、上司の問いはどれだけ「カイ

ゼン」をできたかという意味です。


ちなみに、「カイゼン」はトヨタ独特の思

想ですので、詳しい解説はこちらをご覧い

ただきたいと思います。

https://bit.ly/2YfEWrN


ところで、改善の積み重ねについては、多

くの経営者の方は、「自社でもつねに改善

に取り組んでいる」とお考えになっている

と思います。


そして、それはその通りだと思います。


ただ、トヨタは、日本で最初に売上高30

兆円を超えた会社であり、そのような業績

をあげている会社は、ほかの会社と比較し

て、カイゼンの密度が圧倒的に濃いという

ことです。


そして、これは以前も述べましたが、トヨ

タは決して「トヨタ流の必殺技」を編み出

したのではなく、多くのカイゼンを日々積

み重ねているということです。


(ご参考→ https://bit.ly/2RcEdVU


あえて述べれば、このカイゼンの積み重ね

が、「トヨタ流の必殺技」なのかもしれま

せん。


では、カイゼンの密度を濃くするにはどう

すればよいのかというと、ここからは、私

独自の考えですが、日報を書いて、毎日、

どういうカイゼンをしたかを書き留めて行

くことだと思います。


もちろん、カイゼンしたことを書き留める

ことが、直接、カイゼンの密度を濃くする

わけではありませんが、意識づけを高め、

それを継続するには、容易に実践できる日

報への記入は効果が大きいと、私は考えて

います


間違いなく100%の経営者の方は、自社

の事業の改善を望んでいると思いますが、

望んでいることや心がけていることと、実

践されていることとは、必ずしも一致しま

せん。


経営者の方の想いが行動になって現れるよ

うにするには、日報などによって、自社の

活動を日々振り返り、強い意識を持ち続け

ることは欠かせません。

 

 

 

 

※この記事はメールマガジンでも配信して

います。ぜひ、ご登録ください。→

http://yuushi-zaimu.net/conference/

 

 

 

 

 

f:id:rokkakuakio:20190613152758j:plain

 

 

 

 

 

●当事務所の6月~7月の予定をお知らせ

します。

 

 

 
スカイプ相談実施日」

6月20日(木)

詳細とお申込み→ https://goo.gl/fShaEi

 


「経営入門セミナー」

6月24日(月)19:00~21:00

詳細とお申込み→ https://amba.to/2wiE7Tn

 


「融資に強くなる勉強会」

7月5日(金)13:00~15:00

詳細とお申込み→ https://amba.to/2Mp1PYX

 

 

「信用保証協会徹底活用セミナー」

7月15日(月)13:00~15:00

詳細とお申込み→ http://bit.ly/L3TmzF

 

 

 

 

 

時間外手数料

よく、「自分のお金を引き出すのに、どう

して銀行は手数料をとるのだ」という不満

を耳にすることがあります。


一般的に、銀行口座から手数料を払わずに

現金を引き出すには、自分の口座を開いて

いる銀行のATMで、平日の9時から6時

の間に引き出す場合に限られるようです。


ただ、正確な金額は把握していませんが、

ATMは1台の1か月間の運営コストが、

200万円~300万円程度といわれてお

り、コスト面から考えれば、利用者にそれ

を転嫁することは妥当であると、私は考え

ています。


では、銀行の利用者が、前述のような不満

を銀行に対して持つことは誤りなのかとい

うと、私はそうとも限らないと思っていま

す。


やはり、銀行は預金を受け入れる業務を営

むからには、ある程度の固定費は前提とす

べきです。


そこで、多くの銀行では、一定の条件(預

金額、給与受取、公共料金の口座振替等)

を満たすことで、ATM手数料を優遇する

ようになってきています。


すなわち、銀行にとって採算が得られる利

用者には、前述のような不満を持たれない

ように対策をとっているということです。


しかし、中には採算が得られない利用者も

いるので、そのような人たちには手数料を

負担してもらっています。


ここまでは、私が説明するまでもなく、多

くの方が知っている内容でしょう。


ところが、中小企業では、顧客ごとの採算

を把握せずに取引をしている例が多いと私

は感じています。


もちろん、どんな会社でも、大口顧客など

に対しては、十分な注意を払って取引をし

ていると思いますが、必ずしも、大口の顧

客であることが、自社に多くの利益をもた

らしてくれているとは限りません。


また、逆に、取引量は多くなくても、採算

が得られている顧客も少なくありません。


でも、大口顧客などは、自社に不満を伝え

る回数などが多いために、過剰に要求に応

じてしまい、結果として、採算を得ること

ができないでいるということもあるようで

す。


要は、利益をもたらしてくれているかどう

かではなく、クレームが減るかどうかを優

先している場合が多いのだと思います。


確かにクレームは避けたいものですが、そ

れに気をとられていると、自社の事業に悪

い影響を与えてしまいます。


具体的な対応方法は割愛しますが、顧客ご

との採算を管理し、本当に自社に貢献して

いる会社にこそ、きちんとした対応を取る

ことが、Win-Winの関係をもたらし

てくれるものと思います。

 

 

 

 

 

※この記事はメールマガジンでも配信して

います。ぜひ、ご登録ください。→

http://yuushi-zaimu.net/conference/

 

 

 

 

 

 

f:id:rokkakuakio:20190612181830j:plain

 

 

 

 

 

 

●当事務所の6月~7月の予定をお知らせ

します。

 

 

 
スカイプ相談実施日」

6月20日(木)

詳細とお申込み→ https://goo.gl/fShaEi

 


「経営入門セミナー」

6月24日(月)19:00~21:00

詳細とお申込み→ https://amba.to/2wiE7Tn

 


「融資に強くなる勉強会」

7月5日(金)13:00~15:00

詳細とお申込み→ https://amba.to/2Mp1PYX

 

 

「信用保証協会徹底活用セミナー」

7月15日(月)13:00~15:00

詳細とお申込み→ http://bit.ly/L3TmzF

 

 

 

 

 

知恵借り十両

先日、米沢藩の財政を建て直したことで有

名な上杉鷹山が、「働き一両、考え五両、

知恵借り十両」という言葉を残しているこ

とを知りました。


これも有名な言葉なので、あえて言及する

必要はないと思いますが、念のために説明

すると、働くことは一両の価値があるが、

自ら考えて働くことは五両の価値があり、

さらに、ほかの人の知恵を借りて働くこと

十両の価値がある、ということだと思い

ます。


では、なぜ、鷹山の言葉を引き合いに出し

たかというと、経営者の方はコンサルタン

トなどの専門家の知恵を借りて活用するべ

きだということを、私が伝えようとしてい

るからと受け止める方も多いと思います。


確かに、私がそのように感じる面もあるの

ですが、それよりも強く感じることは、中

小企業では、あまり、社外からノウハウを

採り入れることは少ないと感じており、そ

ういう会社経営者の方には、ぜひ、鷹山の

言葉について再度考えてみていただきたい

と思っています。


これに対して、「いや、私は多くの本を読

んだり、著名な経営者の講演を聴いたりし

て、自社の事業改善に活用している」と考

える経営者の方も多いと思います。


そのようなことを実践しておられる経営者

の方を私はたくさん知っており、そして、

そのような姿勢はすばらしいことと思いま

す。


でも、自社の財務諸表をきちんと官報や新

聞で公告したり、融資を受けている銀行に

決算書ができたら報告に行ったり、経営計

画を立案して銀行や従業員に報告している

会社はどれくらいあるでしょうか?


恐らく90%以上の会社は、「自社の経営

には、部外者からは口を挟まれたくない」

などといった考えから、積極的に情報を開

示していないと思います。


でも、自社の情報を積極的に公開すること

によって、外部からよりよい情報を得、業

績を伸ばしている会社もあります。


(ご参考→ https://goo.gl/5s9n9k


また、経営に関する情報だけでなく、中小

企業では、多くのことを自社で抱えてしま

う傾向にあると思います。


それは、自社の事業の一部を外注してしま

うと、外注費という固定費で経費が顕在化

してしまいますが、外注しなければ、外注

できる作業に関する費用が自社の人件費の

一部になり、それが見えにくくなってしま

うので、経営者の方はそれで安心してしま

うのだと思います。


例えば、流通業の実地棚卸業務は専門の棚

卸を代行する会社があり、そのような会社

に実地棚卸の代行を依頼すると、一見して

その外注費は高いと感じられるかもしれま

せん。


でも、不慣れな従業員に実地棚卸を行わせ

て残業代を払うよりも、専門家に任せた方

が、正確、かつ、短時間で棚卸を終わらせ

ることが可能になるかもしれません。


さらには、自社だけでは得られない高度な

ノウハウを、専門会社から得られる可能性

があります。


このような、自社にとって本来の業務以外

の業務は、あえて抱えない方がよいという

例が少なくないのですが、コストの顕在化

が経営者にとって心理的な壁となり、なか

なか効率化が進まない例が多いと、私は感

じています。


もちろん、会社の中のどんな業務でも外注

すればよいということではありませんが、

日本の中小企業では、「知恵借り十両」を

実践する余地はまだまだ多いと私は感じて

います。

 

 

 

 

※この記事はメールマガジンでも配信して

います。ぜひ、ご登録ください。→

http://yuushi-zaimu.net/conference/

 

 

 

 

 

f:id:rokkakuakio:20190611174453j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

●当事務所の6月~7月の予定をお知らせ

します。

 

 

 「信用保証協会徹底活用セミナー」

6月14日(水)13:00~15:00

詳細とお申込み→ http://bit.ly/L3TmzF

 


スカイプ相談実施日」

6月20日(木)

詳細とお申込み→ https://goo.gl/fShaEi

 


「経営入門セミナー」

6月24日(月)19:00~21:00

詳細とお申込み→ https://amba.to/2wiE7Tn

 


「融資に強くなる勉強会」

7月5日(金)13:00~15:00

詳細とお申込み→ https://amba.to/2Mp1PYX

 

 

 

 

 

 

 

 

銀行がコンサルティング機能を発揮しても

先日、共同通信社経済部記者の橋本卓典さ

んが、東洋経済オンラインに、銀行の動向

に関する記事を寄稿しておられました。


(ご参考→ https://bit.ly/2WqgPFu


要旨としては、銀行が業績を向上させるた

めには、単に、統合して規模を拡大するだ

けでは目的を達成できないので、顧客の課

題を解決できる能力を備えた人材を育成

し、顧客の生産性向上、情報技術インフラ

の導入、人材育成などに貢献していく役割

が求められるというものです。


この、ソリューション(課題解決型)営業

は、銀行に限らず、多くの会社で実践され

ている手法であり、橋本さんの提言の方向

性に誤りがあるとは思いません。


ただし、このソリューション営業では、銀

行の抱える課題の一部しか解決できないと

私は考えています。


銀行、特に地方銀行の事業の難しいところ

は、地域経済の振興を図る役割があり、し

たがって、その銀行の事業展開する地域で

は、融資の相手を選ぶ余地が限定的である

というところにあります。


その融資相手には、銀行のコンサルティン

グをよろこんで受け入れる会社もあると思

いますが、私の経験から感じるのは、銀行

コンサルティングは受け入れたくないと

いう会社の方が多いと感じています。


そして、このようなことは実際には起きな

いと思いますが、「貴社は弊行のコンサル

ティングを受け入れないので、取引は致し

ません」ということは、現実的には言えな

いでしょう。


もちろん、コンサルティングは受けたい

が、銀行から提案されたものは実践したく

ないという場合もあると思いますが、多く

の会社は、ただでさえ現在の仕事がたいへ

んなのに、「コンサルティング」と称し

て、銀行から、これ以上やることを増やさ

れるのはごめんだという拒否反応を示すこ

とが多いと思います。


文字数の兼ね合いで詳細な説明は割愛しま

すが、「べき論」では橋本さんのいう通り

だと思いますが、銀行の現場からは、銀行

だけがソリューション営業を実践すると旗

を振っても、それを歓迎する銀行の取引先

は、実態としては少数なので、仮に、銀行

がソリューション営業を実践したとして

も、銀行の課題は部分的にしか解決しない

のが現実だと私は考えています。


だからといって、私は、橋本さんの提言は

意味がないとは思いません。


銀行も、橋本さんの提言に沿った努力を続

けるべきであり、さらに、融資相手の会社

に対しても働きかけて、それに賛同する会

社を増やしていくべきだと思います。


私は、地方の会社であっても、自助努力で

業績を回復できるチャンスは十分にあると

考えています。


したがって、銀行自体も業績改善の努力が

求められている時代にあっては、自らも業

績を改善しようという意欲を銀行に感じて

もらえない会社は、早晩、銀行からの支援

も得られなくなっていくと思います。

 

 

 

 

※この記事はメールマガジンでも配信して

います。ぜひ、ご登録ください。→

http://yuushi-zaimu.net/conference/

 

 

 

 

 

f:id:rokkakuakio:20190610111007j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

●当事務所の6月~7月の予定をお知らせ

します。

 

 

 「信用保証協会徹底活用セミナー」

6月14日(水)13:00~15:00

詳細とお申込み→ http://bit.ly/L3TmzF

 


スカイプ相談実施日」

6月20日(木)

詳細とお申込み→ https://goo.gl/fShaEi

 


「経営入門セミナー」

6月24日(月)19:00~21:00

詳細とお申込み→ https://amba.to/2wiE7Tn

 


「融資に強くなる勉強会」

7月5日(金)13:00~15:00

詳細とお申込み→ https://amba.to/2Mp1PYX

 

 

 

 

 

 

 

 

山里さんの反省ノート

先日、お笑い芸人の山里亮太さんが、女優

蒼井優さんと結婚し、大きな話題となり

ましたが、約1年前に、サイバーエージェ

ントの運営するメディアサービスの「新R

25」に、山里さんのインタビュー記事が

載っていました。


(ご参考→ https://bit.ly/2HXZSOI


山里さんによれば、2006年から、毎日

「反省ノート」を書き続け、インタビュー

の時点ではそれを12年間継続しており、

ノートも60冊になっていたそうです。


ノートを書く目的は、「ほかの芸人が新し

い番組をはじめると、『俺は声をかけても

らえないんだ…似たようなことやってるん

だけどなぁ…』という疑問を感じたことか

ら、それに対し、自分に何が足りないかを

分析」することだったそうです。


具体的には、「その日の反省、自分のよ

かったワードやツッコミ、ほかに何が言え

ただろうか、ほかの人のコメントで『こん

な考えあったんだ』と気づいたこと」など

を書いていたそうです。


すなわち、これも、私がこれまで何度も述

べてきていますが、山里さんの反省ノート

は、書くことが目的ではなく、改善点を見

つけ出し、その後の活動に活かすことが本

当の目的だということが分かります。


このような地道な活動は、冒頭で触れたよ

うな、日本中から注目されるラッキーボー

イになるという成果にも結びついていると

思います。


ちなみに、山里さんご自身も「『努力を続

けるのって辛くないの?』って聞かれるこ

とがありますが、辛いという気持ちと、こ

の辛いことをやって褒めてもらえるってい

う気持ちを天秤にかけると、3対7で、褒

めてもらえるという気持ちが勝つんです」

と述べておられる通り、反省ノートを書き

続けることは、決して楽ではないようです

が、それ以上の効果が得られていることを

実感できているようです。


書き続けることで、有名女優から生涯の伴

侶として選ばれるほどの評価を得られるこ

とになった山里さんの反省ノートですが、

改めてノートを書くことに効果の大きさを

感じる記事でした。

 

 

 

 

※この記事はメールマガジンでも配信して

います。ぜひ、ご登録ください。→

http://yuushi-zaimu.net/conference/

 

 

 

 

 

f:id:rokkakuakio:20190609145558j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

●当事務所の6月~7月の予定をお知らせ

します。

 

 

 「信用保証協会徹底活用セミナー」

6月14日(水)13:00~15:00

詳細とお申込み→ http://bit.ly/L3TmzF

 


スカイプ相談実施日」

6月20日(木)

詳細とお申込み→ https://goo.gl/fShaEi

 


「経営入門セミナー」

6月24日(月)19:00~21:00

詳細とお申込み→ https://amba.to/2wiE7Tn

 


「融資に強くなる勉強会」

7月5日(金)13:00~15:00

詳細とお申込み→ https://amba.to/2Mp1PYX

 

 

 

 

 

 

未来投資会議

先日、未来投資会議が開かれ、報道によれ

ば「地方銀行の再編について、独占禁止法

の特例法を定め、地域での貸し出しシェア

が高まる場合でも経営統合を認める方針」

が決まったようです。


(ご参考→ https://bit.ly/2WycAgb


地方銀行の再編とは、ふくおかフィナン

シャルグループ(FFG)と、長崎市に本

社がある十八銀行経営統合、すなわち、

FFGの子会社の親和銀行(本店は長崎県

佐世保市)の十八銀行の合併のようなモデ

ルが念頭にあると思います。


ちなみに、合併後の銀行の長崎県内での融

資シェアは70%を超える見込みで、公正

取引委員会は、両行の約1,000億円の

融資を他の銀行に譲渡して、融資シェアを

65%に下げることを条件に、排除措置命

令を行わないことを表明したため、平成

28年2月の統合計画発表から2年半を経

て、ようやく統合が実現する見込みになり

ました。


しかし、独占禁止法の特例法が定められる

と、このような合併が増えることになると

見込まれます。


私は、銀行の寡占化は、一般的には利用者

にとって不利益になるので、一定の歯止め

が必要とは思いますが、現在の銀行の経営

環境では、十八銀行親和銀行の合併のよ

うな例があったとしても、利用者に不利益

になることは起きにくいと思います。


むしろ、自社に融資をしている銀行の収益

基盤が弱いままであることの方が、融資を

受けている側としては不安になると思いま

す。


銀行同士の競争が少なくなるとの指摘もあ

りますが、中小企業であれば、2~3の銀

行から融資を受けることができる状態が維

持できていれば、不利益を被ることはない

と思います。


繰り返しになりますが、これまでは、十八

銀行と親和銀行のように、1つの県の中に

ある地方銀行同士の合併は、県内での融資

シェアの高さが合併の障害となっていまし

たが、前述した未来投資会議の方針によっ

て特例法が定められれば、シェア以外の要

素も重視されるようになることから、この

ような合併が加速されていくと思います。

 

 

 

 

 

※この記事はメールマガジンでも配信して

います。ぜひ、ご登録ください。→

http://yuushi-zaimu.net/conference/

 

 

 

 

 

f:id:rokkakuakio:20190608115412j:plain

 

 

 

 

 

●当事務所の6月~7月の予定をお知らせ

します。

 

 

 「信用保証協会徹底活用セミナー」

6月14日(水)13:00~15:00

詳細とお申込み→ http://bit.ly/L3TmzF

 


スカイプ相談実施日」

6月20日(木)

詳細とお申込み→ https://goo.gl/fShaEi

 


「経営入門セミナー」

6月24日(月)19:00~21:00

詳細とお申込み→ https://amba.to/2wiE7Tn

 


「融資に強くなる勉強会」

7月5日(金)13:00~15:00

詳細とお申込み→ https://amba.to/2Mp1PYX

 

 

 

 

 

 

クリック募金

私は、フリーランスになったときから、ク

リック募金を毎日続けています。


(ご参考→ http://www.dff.jp/


これを始めようと思った理由は、かつて、

記事に書きましたが、弁護士の鳥飼先生が

お話されておられたように、よいことをす

る習慣が、事業の業績を高めることにつな

がるからというものです。


(ご参考→ https://bit.ly/2WuM5YX


では、クリック募金を続けていることが、

現在の私の業績を高めているかというと、

まだまだとは思っていますが、副次的な効

果は感じています。


ひとつは、毎日、なにかを実践する習慣が

身に着いたことです。


クリック募金は、1度に何回も募金できる

わけではなく、1日1回しか募金できませ

ん。


そこで、多くの募金をしようとするには、

毎日、欠かさずに1回のクリックをするし

かありません。


毎日、1回クリックすることは、やさしい

ように感じますが、注意していないともれ

てしまうことがあります。


そこで、私は、TODOリストを作って、

それを毎日見るようにし、クリックもれの

起きないようにしました。


この、TODOリストを毎日チェックする

という習慣は、私にとって大きな力となり

ました。


最初はクリック募金のもれがないようにす

るために、TODOリストを作ったのです

が、徐々にいろいろなことを追加して行く

ことで、ブログの投稿、メールマガジン

配信、ポッドキャストの配信などの実行の

もれをなくすことができるようになりまし

た。


この記事の配信も、連続して900回を超

える配信をしてきましたが、そのような習

慣があるから実践できていると思います。


ところで、ブログを毎日書くことによって

業績を高めるご指導をされておられる、経

コンサルタントの板坂さんによれば、毎

日ブログを書くことを1年間続けることが

できる人は、4%しかいないそうです。


(ご参考→ https://goo.gl/uCbdbo )


それに比較して、クリック募金であれば、

30秒程度の時間もかからないことですか

ら、毎日実践することは比較的容易だと思

います。


そして、これが実践できるようになれば、

徐々に、やや手間のかかるブログの配信も

できるようになると思います。


もし、3日坊主から抜け出したいと考えて

おられる経営者の方は、社会貢献でもある

クリック募金を、毎日続けることから実践

してみることをお薦めします。

 

 

 

 

 

※この記事はメールマガジンでも配信して

います。ぜひ、ご登録ください。→

http://yuushi-zaimu.net/conference/

 

 

 

 

 

f:id:rokkakuakio:20190607221926j:plain

 

 

 

 

●当事務所の6月~7月の予定をお知らせ

します。

 

 

 「信用保証協会徹底活用セミナー」

6月14日(水)13:00~15:00

詳細とお申込み→ http://bit.ly/L3TmzF

 


スカイプ相談実施日」

6月20日(木)

詳細とお申込み→ https://goo.gl/fShaEi

 


「経営入門セミナー」

6月24日(月)19:00~21:00

詳細とお申込み→ https://amba.to/2wiE7Tn

 


「融資に強くなる勉強会」

7月5日(金)13:00~15:00

詳細とお申込み→ https://amba.to/2Mp1PYX