鄙のビジネス書作家のブログ

鄙で暮らす経営コンサルタント(中小企業診断士)・ビジネス書作家六角明雄の感じたことを書いているブログ

資料提出の壁

よく、私のところには、創業するにあたっ て日本政策金融公庫(かつての国民生活金 融公庫)に融資の申し込みをしたものの、 承認が得られず、どうしたらよいかという ご相談を受けます。 そのようなご相談を受けた方には、よほど のことがなければ、私がヒ…

赤字の原因の原因

クライアントさまの中小企業の事業改善の お手伝いをしていて感じたことなのです が、なぜ、赤字の原因を調べる方法や、そ れを改善する方法が知られているのに、赤 字の会社はなくならないのか、すなわち、 赤字の原因の、さらにその原因はなんなの かとい…

十六善神

今回も、芥川賞作家で、福島県田村郡三春 町の禅寺(臨済宗妙心寺派福聚寺)の住職 を務める玄侑宗久さんが、ポッドキャスト 番組でお話しされておられたことについて 感想を書きたいと思います。 (ご参考→ https://goo.gl/YuYQoA ) 玄侑さんによれば、「…

ビジネスを編集する

作家の安田佳生さんが制作しているポッド キャスト番組で、安田さんが、小説を書け る人は編集能力が高いということをお話し ておられました。 (ご参考→ https://goo.gl/oiY81Z ) この編集能力とは、ストーリーに矛盾が起 きないよう整合性を維持する能力…

読書の薦め

今回の記事の結論は、読書はよいことです という一言で終わりなのですが、なぜ、よ いことなのかということについて述べたい と思います。 約1年半前のことですが、私が制作してい るポッドキャスト番組に、東京都江戸川区 で不動産会社を経営している馬込…

適正な決算書と会社の実態

先日、知り合いの税理士の方から、「顧問 先が粉飾決算をした。 銀行からの評価にどう影響するのか」とい う質問を受けました。 (その税理士の方の顧問先の粉飾は、税理 士の方も加担したのか、顧問先単独で粉飾 をしたのかはわかりません) これを説明する…

起業熱

今回は、米国の作家、マイケル・E・ガー バーの著書「はじめの一歩を踏み出そう」 ( http://amzn.to/2Bn53VE )で述べられて いた起業熱について述べたいと思います。 前述のガーバーの著書は、ガーバーが20 年間に25,000社に対してアドバイス を行…

コンサルタントをどう利用するか

私にご支援の依頼をする方のうち、約半数 は、スポット(短期)コンサルティングを 依頼されます。 ここでお分かりになると思いますが、今回 の記事の結論は、コンサルタントからは継 続的な支援を受けることを薦めるというも のです。 では、なぜその結論に…

よい資金不足と悪い資金不足

私が融資申請のお手伝いをするときに、よ く直面する課題となることは、銀行に納得 してもらえる資料を作るためのデータがそ ろっていないということです。 具体的には、資金繰予定表を作成するため のデータをすぐに用意してもらえません。 経営者の方から…

不二

芥川賞作家で、福島県田村郡三春町の禅寺 (臨済宗妙心寺派福聚寺)の住職を務める 玄侑宗久さんが、ポッドキャスト番組で、 「不二」についてお話しておられました。 (ご参考→ https://goo.gl/yeZ3yk ) 不二とは仏教用語で、対立しているものと 思えるも…

コンサルタントになにを学ぶか

私はお手伝いする会社に対して、「なにを すればよいか」ということではなく、「な にをすればよいかということを見つけられ るようになるには、なにをすればよいか」 ということについて助言をしています。 端的に言えば、課題が解決するための答え をお教…

いつコンサルタントに学ぶか

先日、久しぶりに経営コンサルタントの石 原明さんの勉強会に参加してきました。 (ご参考→ https://goo.gl/LukB2t ) 勉強会に参加する目的は、もちろん勉強そ のものなのですが、実は、私にとって、2 番目の目的の比重が結構大きいです。 2番目の目的と…

融資対策を行う理由

私のところには融資申し込みの仕方につい てご相談に来る方がたくさんいらっしゃる のですが、基本的には、銀行を意識する必 要はないということをこれまで述べてきま した。 なぜかといえば、事業を黒字にしていれ ば、銀行はまず融資を断ることはありませ …

事業計画はじゃま?

私はこれまで、事業計画を作成し、その計 画通りに事業を運営できるよう管理するこ とが経営者の役割ということについて述べ てきています。 その一方で、事業計画を作成しない会社も 多いということも事実です。 これについては、経営者の方が事業計画の 大…

目利き能力と融資審査

最近、金融庁の森長官が、地方銀行に対し て融資を伸ばすべきという発言をしている ことが話題になっているようです。 (ご参考→ https://goo.gl/3aQr3x ) これを単純に読むと、地方銀行はリスクを 避け、融資に積極的でないから、収益も少 なくなっている…

コンサルタントはクライアントを騙す?

コンサルタントをしていると、「以前、コ ンサルタントに会社を見てもらったけれど 騙された」という人に少なからず出会いま す。 そこで、コンサルタントとして、名誉挽回 をしたいという意味も込めて、どうすれば 騙すコンサルタントと関わらないですむか …

銀行職員はなぜはっきりしないのか

先日、知り合いの経営者の方から、銀行の 人ははっきりものをいわないので、融資の 申し込みをした後、どうもすっきりしない と言われました。 このようなことを感じている経営者の方は 多いと思いますが、これにはいくつかの理 由があります。 その最大の理…

借りやすい融資は危ない

私が銀行で働いていた20代のときの苦い 経験です。 私が担当していたあるレストランの店長の Mさんから、カードローンを作りたいとの 申し出がありました。 私としてもカードローンのノルマがあった ので、よろこんで応じました。 そして、審査が通ったの…

コーヒーの差し入れ

先日の夕方、大学から帰宅する長女を最寄 り駅に迎えに行く途中、現金をATMから 引き出すために、コンビニエンスストアに 立ち寄りました。 そうしたら、たまたま、近所の木工業を営 んでいる会社のN社長にお会いしました。 Nさんは、その日、従業員の…

ブルウィップ効果

先日、エフエム福岡で配信しているポッド キャスト番組で、ブルウィップ効果につい て説明していました。 (ご参考→ https://goo.gl/ba2zRa ) ブルウィップ効果(Bullwhip Effect)の 'Bull'とは牛、'Whip'とは鞭のことです。 そして、ブルウィップとは、牛に…

工夫は楽しい

今回は、私が銀行で働いていたときのこと を書きます。 内容は、手間を減らす工夫をしたというこ とだけで、それほど深い内容(といっても いつも深いことは書いていませんが)では ありませんので、気楽に読んでください。 銀行には、短期継続融資という融…

情報発信の目的

私はブログやメールマガジンなどで、情報 発信を続けているのですが、それは、経営 コンサルタントの一圓克彦さんの薦めが あったからです。 一圓さんも、すでに3年間、情報発信を続 けています。 (ご参考→ https://goo.gl/UanqfK ) そして、先日、機会が…

出されなかった手紙

米国の作家のカーネギーの著書「人を動か す」( http://amzn.to/2FmjtnH )を読みま した。 カーネギーはベストセラー作家として有名 ですので、この本を読んだ人は多いと思い ますが、その本の中に、リーダーシップに ついて考えさせられるお話しが書いてあ…

社長は誰にも怒られない

「社長は誰にも怒られない」と書くと、 「それじゃ、コンサルタントに怒ってもら えということか」という結論がすぐにお分 かりになると思います。 今回の記事の結論は、確かにその通りなの ですが、コンサルタントの役割という観点 から述べたいと思います…

デザインレビュー

先日、中小企業診断士の神谷俊彦先生にお 会いし、神谷先生のご著書「生産管理の実 務と問題解決徹底ガイド」の内容について インタビューしてきました。 (ご参考→ http://amzn.to/2Dox39z ) 生産管理という言葉から、対象の業種が製 造業であるという印象…

道筋が見えなければ成功できない

私の事務所の近所には、宝くじの1等の当 せん者がたくさん誕生していることで有名 な、西銀座チャンスセンターがあり、ジャ ンボ宝くじの発売が始まると、そこには長 蛇の列ができます。 日によっては、数時間待ちの列ができるく らいですので、宝くじの人…

高付加価値経営

静岡県にある、プリンターなどの精密機械 を製造している、上場会社のスター精密の 元相談役の佐藤誠一さんの著書「野望と先 見の社長学」( http://amzn.to/2DCB7X2 ) を読みました。 この本からは学ぶことがたくさんあったの ですが、今回は、その中から、…

事業計画こそ経営

私は事業計画を重視しています。 なぜなら、事業計画なしには経営ができな いと考えているからです。 と、このように書いても、このことを正面 から否定はされないものの、実際に事業計 画が作成されていない会社や、銀行から依 頼されて渋々作るという会社…

借りない資金繰り

古尾谷未央さんのご著書「借りない資金繰 り」( http://amzn.to/2mX4Jnt )を拝読し ました。 古尾谷さんは、旧中小企業金融公庫(現在 の日本政策金融公庫)にご勤務の後、コン サルティング会社を設立し、社長をお務め の方です。 この本は、なかなか融資を…

家族>仕事で生きる

「家族>仕事で生きる」ときいたら、「家 族を仕事より優先させるなんて建前で、現 実には無理だよ」と思う方が圧倒的ではな いでしょうか? そういう自分も、「無理だ」と思うひとり です。 実は、先日、「家族>仕事で生きる」とい う本を読みました。 (…