読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鄙のビジネス書作家のブログ

鄙で暮らす経営コンサルタント(中小企業診断士)・ビジネス書作家六角明雄の感じたことを書いているブログ

びびりだから懸命になった

かつて、稲盛和夫さんが次のようなことを お話しされていました。 「かつて創業間もないころ、機械を買う ために、知人の家を担保にしてもらって、 京都銀行から1,000万円の借金を した。 もし、借金を返済できなくなったら、 知人が家を失うことになり…

保証してもらえるなら…はなくなる

2月28日に、信用保証協会の保証に関連 する法律案の閣議決定が行われました。 (ご参考→ https://goo.gl/De3Sjg ) 保証額に関する概要は次のとおりです。 (1)大規模な経済危機、災害等の事態に 際して、予め適用期限を区切って迅速に 発動できる新た…

銀行は過去にこだわる

中小企業経営者の方からの銀行への不満の ひとつは、過去の決算が赤字だからという ことで、これから挽回しようという意気 込みを抱いても、なかなか前向きに評価 してくれず、融資に応じてもらいにくい というものがあります。 そういう面では、なるべく赤…

ライバルが現れないのはなぜ?

徳島県勝浦郡上勝町にある、株式会社 いろどりは、はっぱを売るビジネスで 売上を伸ばし、さらに、はっぱを集める 高齢者に高額所得をもたらし、過疎化に 直面している上勝町に活気をもたらして いることは有名です。 ご参考→ https://goo.gl/KUmNTv 同社は…

服すと服せざるとは医のとがにあらず

群馬県太田市の瑞岩寺ご住職の長谷川 俊道さんが、ポッドキャスト番組 ( http://podcast5.kiqtas.jp/kikikomi/ ) で、次のようなことをお話しになられて おられました。 「遺教経というお経の中に、お釈迦さまが 次のように言ったと伝えらえれています。 す…

銀行は銀行の都合で融資をする時がある

私が中小企業の事業のお手伝いをする ようになってから、「〇〇銀行は、当社 にはいつでも融資をしてくれる」とか、 「融資を受けたいなら、●●銀行の □□支店長におれの名前を出せば、 いつでも融資をしてくれるよ」などと いったことをお話しする方に何人か …

ことばは正しく使うべき

記事のタイトルは至極当然のことを書いて いますが、今回は、文学的なことでは なくて、ビジネスの観点から述べたいと 思います。 私は、学生時代は主に会計を専攻した ので、文学が得意な訳ではありません。 したがって、上から目線で「ことばを 正しく使い…

裸の王さまが内部統制を無力化にする

最近、大きな会社での不祥事が問題に なっています。 業績不振であれば、ある意味、同情する 面もあるのですが、それを隠蔽しようと したことが、さらに会社の損害を大きく してしまったことを残念に思っています。 分かりやすい例では、大手家電メーカーが …

人財こそ中小企業の強み

私は営業活動が得意ではないのですが、 今回は営業活動に関する自分の経験を 述べたいと思います。 20代のころは、営業活動で苦労した ことは、顧客からの信頼をなかなか得る ことができなかったことです。 少なくとも、ほめられることはなくても 怒られる…

ワンマン社長は何が問題か

よく「ワンマン社長」という言葉を聞き ますが、これは、否定的な意味で使われる ことが多いようです。 大辞泉によれば、ワンマンとは「他の人の 意見や批判に耳を貸さず、自分の思いど おりに支配する人」と説明しています。 ただし、中小企業では、社長は…

先頭ランナーだけがゴールすればよいか

タイトルからわかる通り、今回の記事の 結論は、経営者の方は、自分だけがゴール して満足すべきではなく、きちんと、 従業員の方全員がゴールすることを目指す べきだということを伝える内容です。 経営者の方の中には、結構、気が短く、 事業をマラソンに…

銀行は融資を受けにくい相手か

「銀行はなかなか融資をしてくれない。 でも、最近はクラウドファンディングや フィンテックという新たな資金調達方法が 登場してきた。したがって、もう銀行に 頼る必要はなくなっていくだろう」という 主旨の記事を見かけるようになりました。 私は、新し…

安くてよい商品

前回、価値連鎖分析について説明をしま したが、この価値連鎖分析に関して、ある ことを思い出しましたので、今回はその ことについて述べてみたいと思います。 あることというのは、中小企業経営者の 方の中で、起業をしたきっかけとして、 「大手では提供…

価値連鎖分析

今回は、熱心な読者のSさんからの ご質問に回答したいと思います。 > 今朝のメルマガ「こと」について、> おもしろかったです。> > ご参考→ https://goo.gl/a0p4vZ> > かのマクドナルドも「ハンバーガー> ではなく場所を提供」と言っていま> したもんね。> …

事業が続く会社は他社に依存しない会社

すでに亡くなった私の父親は、かつては 学校の教諭でした。 私が銀行で働いていたとき、私は直接 遭わななかったのですが、父は銀行へ やってきて預金をしたことがあるよう です。 後で、そのことについて話をされたとき、 「職員の態度が悪かった」と父から…

顧客との距離を縮める

私が銀行で働いていたとき、一時、独身 寮に入っていたときがありました。 その寮では、玄関の近くに箱があり、 そこにクリーニングしたい衣類を入れて おくと、ほぼ毎日、近所のクリーニング 店のおばちゃんが衣類を取りに来て、 数日後にはきれいになった…

「こと」に対する売上

この記事などでこれまで何度かお伝えして 来ましたが、現在は、「もの」ではなく、 「こと」を売らなければならない時代に なっています。 「こと」というのは、改めて説明すると、 牛どん屋さんでは、牛どんではなく、 「低価格で短時間に食事をとれる」と…

判断基準

先日、経営コンサルタントの木戸一敏 さんが、木戸さんのポッドキャストで、 判断基準を持つことが大切だとお話し されておられました。 ご参考→ https://goo.gl/oTyj58 木戸さんが、かつてリフォーム会社を 経営していたとき、外注業先の職人の方と うまく…

融資審査のプロセス

今回は、中小企業から申し込みされる 融資はどのように審査されていくのか ということについて、私の経験から 書いてみたいと思います。 銀行の融資係の労力の約半分は、 既存の融資の反復融資の手続きです。 既存の融資とは、短期借入金が主な もので、期限…

中小企業経営者は偉い

私は、ブログなどで「経営者はこうある べき」などと書いていますが、もし、 それを読んでいただいている経営者の 方は、「それができたら苦労しない」と お考えの方も多いと思います。 私自身も、書くことが目的の、実現味の ない記事を書くことは、本意で…

会計おたくの効用

私がコンサルタントになったきっかけは、 大学で会計を習ったことでした。 私が所属した学部は、人文部で、当初は 英文学を専攻しようと思っていたの ですが、たまたま人文部に関西ことばで 話をする面白そうな教授がいて、その 教授が会計学を担当していた…

合併と傘下入り

今回は、熱心な読者の方のSさんからの ご質問に回答したいと思います。 ご質問は次のとおりです。 > ある方の会社が生き残りをかけて> 別会社の傘下に入ったという内容を> 経営者の方がFBで投稿なさって> いました。> > 傘下に入るという事は合併?> 傘下…

妻は夫の事業が成功して欲しくない?

私はサラリーマン川柳がすきで、ときどき 第一生命さんのWebPageを見て います。 (参照→ https://goo.gl/aNFjkL ) 川柳には、職場の様子をよんだものも多い ですが、夫婦関係が最も多いと思います。 中でも、私は、平成28年の57位だった 「サラ…

都合のいい部下ほど危険

二宮尊徳の逸話に、桜町(現在の栃木県 真岡市)で復興事業を行っていたとき、 力強く鍬で畑を耕していた農民を叱った というものがあります。 これは、力強く鍬を使っていたら、 その作業は長く続けることができる ことができない。 すなわち、尊徳が監視に…

労力は採算のとれることにふりむける

私が銀行職員だったころ、業績の芳しく ない会社への融資方針で、よく上司と 対立したことがあります。 明日、すぐに倒産するというわけでは ないものの、かといって、ずっと待ち 続けていれば業績が回復するという わけではない会社に対しては、早々に 融資…

ライク・ワークとライス・ワーク

これは、私自身にも言えることなの ですが、自分が始める事業→自分が関心の ある事業→自分以外にも多くの人が関心を 持っている事業→自分が開業すれば売上が 見込まれる事業、というように考えている 方は多いと思います。 事業を始めるにあたっては、自分が…

金融庁検査マニュアルが結果重視へ

今回は、日本経済新聞に書かれていた、 金融検査マニュアルの刷新について、 私が考えることについて書きたいと 思います。 ご参考→ https://goo.gl/qujEqb 記事によれば、「不良債権の扱いや管理 体制の不備を細かくチェックする従来の 手法を転換。金融機…

お手本とする人のそばにいる効果

私が銀行の新人営業マンだったとき、 先輩の職員の方から営業マンとして、 多くのことを学びました。 まず、営業マンの基本的な仕事として、 預金を集めなければなりませんが、 割り振られる目標はとても大きなもの でした。 サラリーマンの方にボーナスを預…

陰徳

陰徳は、多くの方が薦めており、そして、 実践している方も多いと思います。 改めて説明するまでもありませんが、 陰徳とは、「人に知られないように ひそかにする善行」(大辞泉)のことで、 大きなポイントは、「人に知られない ように」行うということだ…

透明性が高い株式会社

今回は、私が株式会社を評価している 点について書きます。 それは、株式会社は透明性が高い仕組みに なっているということです。 ただ、私は法律の専門家ではないので、 法律的にどうかということではなく、 経営コンサルタントとして、経営管理の 観点で述…

顧客との距離を縮める事業

先日、ITコンサルタントの方とお話しを しました。 その中で、日本の中小企業で、なかなか 情報化武装が進まないのは、中小企業が 情報リテラシーを高める機会が少ないから だと思われる。 もし、システムベンダーが、その役割を 担っていれば、システムベ…

経理事務を分散する

このことを指摘する人は少ないと思うの ですが、事業が大きくなるかどうかの 壁のひとつは、経理事務を分散しているか どうかということです。 なぜ、経理事務を分散しなければ事業は 大きくならないのかというと、直接的な 連関はありませんが、そのひとつ…

銀行の手間を省く

私の仕事の大きな部分は、融資申請の お手伝いが占めていますが、その際、 どうやって銀行に応諾を受けるかという 最大のポイントは、銀行の手間を省いて あげるということです。 例えば、「自社はこんな状況です」という 説明をした段階であれば、銀行から…

好きなことの事業こそ準備が大切

事業を起こす人の動機には、自分の関心の あるものや、自分の好きなものに関わって 仕事をしたいというものが多いと 思います。 そのことに問題があるわけではありま せんが、そのような動機で事業を始めた 人は、他の動機で事業を始めた人よりも、 失敗して…

日報は活用するもの

私はコンサルティングをする中で、事業 計画の策定と検証、日報と定例会議の 実践を薦めています。 でも、いずれもあまり受け入れてもらえ ません。 例えば日報は毎日記載する作業ばかりに 目が行ってしまうからでしょう。 私も、営業マン時代の10年間は、…

社内方針の伝え方

近年は、医療現場でインフォームド コンセントが行われるようになりました。 これは、患者側にも知識が豊富になって きたことも背景にあると思いますが、 患者やその家族の考えを尊重するという 面で、よいことであると思います。 恐らく、医師の方々は、か…

コンサルタントの成果報酬

先日、ある経営者の方(私の顧問先では ない方です)と、コンサルタントは成果 報酬で仕事を受けるべきかどうかという ことをお話ししました。 その方は、成果報酬には、やや肯定的 でした。 その理由は、もし、コンサルタントの 能力が低いとき、成果報酬で…

5Sのすすめ

料理をする人は、まず、段取りを考えると いうことをよく聞きます。 例えば、カレーを作る時は、最も固い 野菜のにんじんから煮る方が多いのでは ないでしょうか? もちろん、具材の調理の順番だけでなく、 調理時間が長い料理から先に調理を始め たり、煮込…

社長が語ると業績がよくない

先日、小山昇さんが、ラジオで次のような ことをお話しされていました。 すなわち、社長が語ると会社は業績がよく ない。 会社の方針が社長の考えに偏るからだ。 社長は、従業員全員の意見をきいて、 よいと思ったものを採用するように すべきだ。 そうする…

公務員の方の底力

2月14日の日本経済新聞に、総務大臣が 行き過ぎたふるさと納税のお礼の品に 対して批判したという記事が載って いました。 私は、総務大臣の考え方に対しては賛成 しますが、その一方で、地方自治体の 意気込みはものすごいものがあると 感じています。 …

991,000円

991,000円とはどういう数字か というと、かつて、銀行のATMから 引き出すことができる最大の金額でした。 もちろん、いまのATMは、性能が 向上し、100万円も引き出しできる ようです。 (とはいえ、防犯上、20万円を上限に している銀行も…

銀行の決済業務と収益機会

よく、「銀行は3時で閉店するが、その あとは何をしているのですか」ときかれる ことがあります。 凡そ、4時までは、勘定を締める作業で、 その後5時までは、片付けをしています。 では、なぜ、3時で閉店しなければなら ないのかというと、銀行法施行令 …

女性はきれいずき

平成29年2月3日の日経MJに、 コインランドリーの数が増加している という記事が載っていました。 (出典:平成29年2月3日付日経MJ 「コインランドリー、まるでコンビニ 全国1万8000店に急増」) 記事によれば、業界推計で2015年に 1万…

リーダーシップ

リーダーシップと聴くと、私は、かつて 放送されていた、リーガルハイという 番組で、伊東四朗さんが演じた、アニメ 映画監督のセリフを思い出します。 その監督は、ヒット作を産み出している ものの、従業員にはきつく接し、その うちの一人が心を病んで絵…

指差喚呼

「安全」は見えるか?という問いには 見えないと答える人が多いと思います。 もちろん、安全は見えるものではあり ません。 ただ、私は、鉄道会社で働く駅員さんや 運転士さんが、指差喚呼(しさかんこ)を しているところを見ると、「安心して 電車に乗るこ…

コミュニケーションの負担

3月に出版する本の原稿が、残り約20 ページとなり、編集者の方から「13日 までに、残りの原稿をすべて送って ください」と、最後通告を受けたところで ふっと思い出したことがあります。 それは、その編集者さんと最後にお会い したのはいつだろうとい…

ものではなくことを売る

先日、知人の経営者の方とお話しして いたのですが、顧問税理士の方から、 期待していたほど助言をもらえない というお話を聞きました。 これには、お互いの言い分があると思い ますが、利用者の方から見れば、その ような印象を持たれてしまうのでしょう。 …

信用保証協会と地元一番手銀行

今回は、信用保証協会の特徴について 書きます。 とはいっても、本に書いてあるような ことではなく、私が銀行勤務時、および、 コンサルタントとして、融資申請の お手伝いをする中で得られたことに ついて書きます。 ただし、内容は、当事者である信用保証…

歯みがき粉のふた

以前、作家の本田健さんのセミナーで 本田さんが、「知人の女性で、夫が、 歯みがき粉のチューブのふたを閉めない ことが原因で、離婚した人がいた」と お話ししていました。 もしろん、本当の離婚の原因は、 夫婦の間で、がまんできないことが たくさんあり…

変化とメリット

私は、かつて、銀行の本社部門で、融資に 関する事務を所管する部署で働いていたの ですが、当時は、融資稟議書を電子化する ことを検討していた段階でした。 そこで、すでに電子稟議書を採用している 銀行の職員の方が、電子稟議書について セミナーが開か…