鄙のビジネス書作家のブログ

鄙で暮らす経営コンサルタント(中小企業診断士)・ビジネス書作家六角明雄の感じたことを書いているブログ

おまえは偉くない

「おまえなんかちっとも偉くない。おれの 権限でいつでもクビにできるんだ」 これは、私が会社勤務時代に当時の上司か ら言われた言葉です。 当時は、いまほど騒がれていませんでした が、パワハラです。 ただ、私が「私は偉いですよね」と質問し たことに対…

回数を多くする効果

今回は、この記事が800回目なので、回 数をテーマに書きたいと思います。 私が、毎日記事を書いて配信数を多くして いる理由は、次の通りです。 (1)小さい力で大きな効果を得る 著名な人が書いた記事は、1つだけでも多 くの関心を集めますが、私のよ…

PDCAのこつ

前回の記事で、PDCAはむずかしいとい うことを述べました。 (ご参考→ https://goo.gl/dJyMQn ) でも、PDCAを継続して実践させるこつ があります。 それは、日報を書くことです。 日報を書くことに否定的な人も少なくない ようですが、そのように考…

PDCAはやはりむずかしい

私は、これまで、経営者の仕事はPDCA の実践である、そして、PDCAを実践す れば事業は必ず改善するとお伝えしてきて いるのですが、これは、PDCAはどんな 会社でも実践できると考えていたからとい う面もありました。 PDCAは、Plan(計…

経営者保証を外したい理由

中小企業が銀行から融資を受けるとき、経 営者が、その融資の連帯保証人になること について、これまで何度か述べて来ました が、いまだに経営者保証について批判が多 く感じられますので、今回、なぜ、経営者 保証が批判されるのか考えてみたいと思い ます…

融資コンサルタント

私は銀行職員出身なので、中小企業の資金 調達支援を得意分野としていますが、「融 資コンサルタント」となのることは避けて います。 というのは、融資コンサルタントとは、融 資を受けようとしている会社に代わって、 銀行を説得することが仕事と考えられ…

スキルではなくキャリア

先日、私の知人が、SNSに、ビジネス書 作家の、上阪徹さんについて書いていまし た。 その方は、ライターになるために上阪さん に師事した方ですが、上阪さんの示唆が大 いに参考になったということです。 (ご参考→ https://goo.gl/53ddhM ) その示唆の…

シミュレーションとしての事業計画

今回は、ほとんどの方は当たり前と感じる ことと思いますが、事業計画を策定すると きに、どうやって数値を計算するのかを説 明したいと思います。 まず、固定的な費用を見積もります。 例えば、経営者の報酬を30万円、家賃を 10万円、その他の費用を2…

経営理念を画餅にしないためには

ほとんどの会社経営者の方は、経営理念は 大切とお考えと思います。 しかし、経営理念が画餅になっている会社 も少なくないと私は考えています。 もう少し厳しい書き方をすると、経営者本 人は、経営理念を掲げ、それを実現させよ うと日々活動していると考…

輸血と止血

先日、経営コンサルタントの板坂裕治郎さ んのブログ( https://goo.gl/qbDNGW )を 読みました。 そのブログの記事の主旨は、貸金業法が改 正されて、いわゆるグレーゾーン金利がな くなったり、年収に応じて融資額が制限さ れたりすることで、融資を受ける側…

透明性が士気を高める

コレットチャック(工作機械にワーク (加 工対象) を固定する工具)などを製造して いる、ジャスダック上場会社、エーワン精 密の創業者、前社長、現相談役の梅原勝彦 さんのご著書、「日本でいちばんの町工場 エーワン精密の儲け続けるしくみ」 ( https://a…

くじらのお店

先日、あるテレビ番組で紹介され、ずっと 前から気になっていた、神田駅の近くにあ る鯨専門のレストランで、食事をしてきま した。 実は、このお店で食事をして印象に残った ことは、店長の応対でした。 というのは、私からまったくオーダーをき かずに、「…

忙しそうな人

常に忙しそうな人を、結構みかけることが あると思います。 その人が忙しいことは事実なのだと思いま すが、だからといって「自分はいま忙しい んだ!」っていうオーラをまき散らすこと はあまり得策ではないと、私は考えていま す。 私の経験では、多くの人…

経営コンサルタントの仕事

私は、ときどき、コンサルタントを志望し している方から、「経営コンサルタントに なるにはどうすればよいか」ときかれるこ とがあります。 ただ、そのような質問を受けるときに困る ことは、経営コンサルタントの仕事とは何 かということが一般的に明確で…

計画売上高と活動量

起業や事業改善のお手伝いをしている時、 経営者の方の頭の中からもれてしまいがち なことに、売上高と活動量の関係があげら れると感じています。 というのは、計画売上高を得るには、どれ くらいの活動量が必要かというところまで は考えずに、自分のイメ…

非営利法人も剰余を求めることが大切

ときどき、あらたな事業を始めるにあたっ て、特定非営利活動法人(NPO)や、一 般社団法人を設立したいという方からご相 談を受けます。 その理由は、「始めようとする事業が社会 性の高い事業なので、非営利法人はそのよ うな事業に適しているから」と…

ことしこそ新刊を出すには

誰も覚えていないと思いますが、この記事 にも何度か書いた私の昨年の目標は、新し い本を出版することでした。 でも、実際には、構想だけが頭にある状態 で、企画書の作成にも着手できませんでし た。 その原因は明確です。 私の仕事の仕方を変えていないか…

コミュニケーションツールとしての日報

山口市にあるコンサルティング会社、日報 ステーションさんからその手法を教わり、 昨年から日報コンサルティングを私のコン サルティングメニューに加えました。 現在、数社に日報コンサルティングをご利 用いただいています。 この日報コンサルティングは…

素っ裸になってさらに服を抜ぐ

ご著書の累計発行部数が700万部を超え る、ベストセラー作家の本田健さんが、か つて、「ベストセラー作家になると、すで に素っ裸になっているのに、さらに、服を 脱ぐよう要求されるような気分になる」と お話しされていたことをときどき思い出し ます…

猿猴捉月

先日、たまたま、「猿猴捉月(えんこうそ くげつ」ということわざがあることを知り ました。 これは、猿が井戸の水に映った月をとらえ ようとする様子を指しており、これまでに これをテーマにして多くの画家が絵を描い ているようです。 文化庁のホームペー…

1万円札

交流会に参加するときのことですが、事前 のお知らせで、3千円や5千円などといっ た参加費が分かっているのに、1万円札を 出しておつりをもらう人を見ることがあり ます。 たいした問題ではないとも言えますが、私 はあまり評価しません。 仮に、交流会の…

社会の役に立つ仕事

よく、若い起業家、経営者の方が、「自分 は社会の役に立つ仕事をしたい」と口にす ることがあります。 これを聞くと、あまのじゃくな私は、「も し、社会の役に立たない仕事をしている会 社があるとしたら、その会社はずっと赤字 が続いて倒産してしまうよ…

1の実践で10の評価

先日、会議参加者のためにお弁当を手配す ることになり、近所のお弁当屋さんに電話 でお弁当の予約をしました。 その際、「30分後にお店に行きます」と 伝えたところ、「かしこまりました。どう ぞ、お気をつけてお越しください」と返答 されました。 いわ…

確認・理解・適切

「その件については、これから確認いたし ます」 「どうぞご理解をお願いします」 「この件についてはこれから適切に対処し ていきます」 どれも丁寧な文章に思えますが、実は、私 は、これらの言葉を好きではありません。 「確認するって、何をどこで誰に確…

規則ずくめの組織は機能しない

最近、中央官庁の不祥事が相次いで起きて います。 そのたびに、外部専門家などによる調査が 行われ、その結果、いつ、誰が、どうして 規則を破ったのか、ということがわかりま す。 そして、それに対して「ルール違反はけし からん」と批判することは簡単で…

日報で行動を変える

私がコンサルティングをしてきて実感して いることは、顧問先の会社に事業の改善を してもらうには、改善の方法を経営者に理 解してもらうことすことよりも、経営者に 改善を実践してもらうことの方が重要にな るということです。 というのは、経営者の方が…

信用保証協会の活用

中小企業が融資をしてもらいたいのに、な かなか融資をしてもらえない原因に、業績 悪化以外のものがあります。 そのひとつは、自社を担当する銀行職員が 忙しくて、自社の融資相談になかなか時間 を割いてもらえない場合や、担当職員があ まり融資事務が得…

典座の教え

以前、ラジオ番組で、曹洞宗の開祖、道元 禅師の教えのひとつである典座教訓につい て聴いたことがあります。 (ご参考→ https://goo.gl/CcjAz4 ) この番組では、道元禅師が宋に留学してい るときの経験が紹介されていました。 ひとつめは、道元禅師が天童…

失敗を転機にする

株式会社玉子屋社長の菅原勇一郎さんのご 著書、「日替わり弁当のみで年商70億円 スタンフォード大学MBAの教材に東京大 田区・弁当屋のすごい経営」 ( https://amzn.to/2FJI6ih )を拝読しま した。 同社では、450円のお弁当を1日で最大 7万食供給…

約束は破るかもしれない

私が銀行のある支店で勤務していたときの ことですが、私の上司が、支店の近所にお 住いのある作家の方に取引の依頼をして、 その結果、大口の取引をしてもらうことに なりました。 そして、あるとき、その上司が出張のため に支店に不在となったことから、…