鄙のビジネス書作家のブログ

鄙で暮らす経営コンサルタント(中小企業診断士)・ビジネス書作家六角明雄の感じたことを書いているブログ

データ収集の大切さ

先日、日報コンサルタント(クライアント の書く日報を活用して、クライアントの事 業を改善していくコンサルタント)の中司 祉岐(なかつかよしき)さんのメールマガ ジンにを拝読しました。 そこには、中司さんの知人の日報コンサル タントのOさんと、O…

学ぶ姿勢

先日、経営コンサルタントの一圓克彦さん のブログを拝読しました。 要旨としては、「先日、受講料5,000 円のセミナーを開いたが、受講申し込みが 6人であったにもかかわらず、実際に会場 に来たのは2人だった。 5,000円程度のセミナーは、とり…

融資実行には長期的視点での検討が必要

以前、創業して間もないある会社の経営者 から、融資について次のような相談を受け ました。 すなわち、ある信用金庫に2,000万円 の融資を申し込んだところ、1,000万 円の融資に応じてもらえた。 あと、不足する1,000万円の融資を受 けるには…

結婚相談所は学習塾

先日、婚活コンサルタントの田中菊乃さん のブログを拝読しました。 その中で、結婚相談所をうまく利用して結 婚に至った女性が、「受験に例えたら結婚 相談所は学習塾だと思って利用しました。 入れば結婚できるわけじゃないけれど、結 婚できる確率は上が…

土井正三さんの功績

私は、よい経営者とはどういう人かを説明 するときに、よく、仰木彬さんを例に挙げ ます。 仰木さんは、もちろん経営者ではなく、プ ロ野球の選手や指導者として活躍した方で すが、オリックスの監督時代に、日本プロ 野球初のシーズン200本安打を記録し…

『言った言わない』をなくすには

「言った、言わない」の争いは、どういう 訳か、いつまでたってもなくならないと感 じています。 これは、会社内でも起きるし、お取引先と の間でも起きます。 文字数の兼ね合いから、ここでは、会社内 のことに絞って述べますが、「言った、言 わない」が起…

残業をなくせない要因

先日、岡山県倉敷市にある真言宗の寺院、 高蔵寺の住職の天野高雄さんのメールマガ ジンを読みました。 (ご参考→ https://goo.gl/aZgqBW ) 「私が本山の高野山(金剛峯寺)での修行 時代、『忙しいと思われたら恥』と教わり ました。 人の中には多忙である…

取引先分散による経営環境への備え

先日、ある地方銀行が、融資審査書類の改 竄などが原因で、業務の一部停止命令を受 けましたが、その銀行の状況について詳し 調べてみようと思い、同行の有価証券報告 書(上場会社等の決算報告書にあたるもの で、金融証券取引法により、事業年度終了 後3…

結果よりもプロセス

先日、イエローハット創業者の鍵山秀三郎 さんのメールマガジンに、次のようなこと が書かれていました。 「結果主義は『終わりよければすべてよ し』という考えです。 この考え方には、誠意が感じられません。 事実、結果を追うあまりあの手この手を使 い、…

リースに関する誤解

私の著書に、「図解でわかるリースの実務 いちばん最初に読む本」という本があるこ とから、私に対してはリースに関するご質 問も寄せられることが多いのですが、その 中で、何人かの方から、誤解が前提となっ てご質問をしておられるということがあっ たの…

10年後に残る会社は30%ではない

私が、かつて、ある社会保険労務士の方に 「社会保険労務士になるには、合格率が5 %前後の難しい試験に合格しなければなら ないんですよね」と質問ししたところ、 「確かに試験の合格率は表面的には5%程 度かもしれませんが、受験者の中にはあま り勉強…

ビジネスモデルの成功の要因

京都市にある、国産牛ステーキ丼専門店、 「佰食屋(ひゃくしょくや)」を運営して いる株式会社minittsの社長の、中 村朱美さんのインタビュー記事を読みまし た。 (ご参考→ https://goo.gl/v7pCQn ) 中村さんの考え方はすばらしく、ここで、 あえ…

まとめて融資を申し込むと成功しない

私がよく受けるご相談に、まとまった金額 の融資を受けるにはどうすればよいかとい うものがあります。 このようなご相談を受けた時、私は、その ようなことはしないようにすることをお薦 めしています。 なぜなら、大きな金額になるほど、融資の 承認が得に…

CSV経営

最近、CSV経営という言葉を聴くように なりました。 CSVとは、Creating Shar ed Valueの略語で、「共通価値の 創造」などと訳されています。 これは、米国の経営学者のポーターによっ て、2006年に提唱された概念です。 CSV…

銀行は不況業種

佐世保市に本社がある親和銀行を傘下に持 つ、ふくおかフィナンシャルグループ(F FG)と、長崎市に本社がある十八銀行が 経営統合することが、8月に公正取引委員 会に認められました。 経営統合(十八銀行が持株会社であるFF Gの子会社になること)…

規則を作るだけでは意味がない

先日配信された、私が制作しているポッド キャスト番組で、経営コンサルタントの松 下雅憲さんが、飲食店でのSNSの使用に ついてお話ししてくださっています。 徐々になくなりつつありますが、飲食店で は、著名人が来店したことを従業員がSN Sに投稿…

自己資金なしの融資

先日、経営コンサルタントの小山昇さんの ラジオ番組を聴きました。 番組の中で、小山さんは、顧問先の製造業 の社長から、受注増にともなう工場新設に あたり、4.5億円の物件を購入するかど うかを相談され、自己資金の充当をせずに 全額を銀行からの融…

ボランティア活動

東日本大震災のあとのことですが、私の知 人で、東京都内に本社がある会社の経営者 のAさんが、復興支援のために、宮城県に 頻繁に支援物資を届けていました。 当時の私は、自分のことだけで手がいっぱ いで、ボランティア活動をするまでの余力 はなく、A…

情報化武装は戦略ありき

私が銀行の本社に勤務していた時、一時、 融資審査システムの電子稟議書の導入に携 わったことがあります。 当時の銀行業界での融資稟議書は、詳細な 理由は割愛しますが、紙として残しておく ことが必要な面もあったことから、なかな かペーパーレスが進ん…

予防歯科医療

先日、歯科医院の方の事業改善のお手伝い をしてきたのですが、その歯科医院では、 予防歯科医療に力を入れていました。 予防歯科医療は、私が述べるまでもありま せんが、虫歯にならないように前もって予 防治療をしておくことです。 私も、その医院で3か…

組織と人的システム

多くの方は、「組織の三要素は、コミュニ ケーション、貢献意欲と共通目的」ときい たことがあると思います。 しかし、一方で、「どうしてこの3つが組 織の要素なのか?」と疑問に思っている人 もいるのではないでしょうか? でも、その疑問を抱きつつ、こ…

劣等感は経営者の敵

先日、著名な心理カウンセラーのKさんの ブログを読んで、気になることがありまし た。 (ご参考→ https://goo.gl/cqmQiQ ) Kさんが、「子どもを虐待する親は神」と ブログで書いたことが炎上したようです。 Kさんの言葉は誤解を生みやすい表現だっ たの…

担保の価値

銀行が担保を受け入れるとき、当然のこと ながら、その担保にどれくらいの価値があ るかを評価します。 なお、担保にはいろいろなものがあります が、ここでは、銀行が受け入れる担保の中 で最もオーソドックスな不動産担保に絞っ て説明します。 不動産の評…

根抵当権

前回の抵当権に引き続き、今回は、根抵当 権について説明します。 根抵当権は、民法第398条の2などで定 められており、広い意味での抵当権(広義 の抵当権)のひとつで、狭い意味での抵当 権(狭義の抵当権)と共通する部分と、異 なる部分があります。 …

抵当権

多くの方がご存知と思いますが、今回は、 抵当権とはどういうものか、改めて説明し たいと思います。 抵当権は、民法第369条などで定められ ている権利で、担保となる不動産を、他の 人よりも優先して融資などの返済のために 処分できる権利です。 抵当権…

意志はことばだけでは伝わらない

日経ビジネス2018年7月16日号に、 鹿児島相互信用金庫理事長のインタビュー 記事が載っていました。 (ご参考→ https://goo.gl/ia71UU ) 同金庫では、職員による預金の着服と、不 正な融資が行われており、そのような状況 に至った事情について、理…

義理人情と合理性

山梨県の地場スーパーを運営していた株式 会社やまと元代表取締役社長の、小林久さ んのご著書、「こうして店は潰れた:地域 土着スーパー『やまと』の教訓」 ( https://amzn.to/2OBic19 )を拝読しま した。 ちなみに、書名からもわかるとおり、小林 さんが…

外国人への融資

私がよく受ける質問に、外国人の方は銀行 から融資を受けられるのかというものがあ ります。 これに対する回答は、日本に永住権があ り、かつ、事業活動に制限のない方につい ては、銀行は融資を行う対象としていると いうことになります。 また、日本の会社…

想いが先

アルミ加工メーカー、HILTOPの副社 長、山本昌作さんのご著書「ディズニー、 NASAが認めた遊ぶ鉄工所」 ( https://amzn.to/2QA3f0t )を拝読しま した。 「遊ぶ鉄工所」というのは、同社を見学に 来た人が、従業員の方たちを見て遊びなが ら仕事を…

ソンタク

今年は、報道機関の報道で、ソンタクとい う言葉をきく機会が増えました。 私は、ソンタクという言葉をきくと、ふた つのエピソードを思い出します。 ひとつは、私の知り合いのご婦人のAさん からきいたお話です。 Aさんは、親類の方のお嬢さんが嫁ぐこと …