鄙のビジネス書作家のブログ

鄙で暮らす経営コンサルタント(中小企業診断士)・ビジネス書作家六角明雄の感じたことを書いているブログ

内部留保

最近、内部留保に関する関心が高まってい るようです。 というのは、財務省が公表した2016年 度の法人企業統計で、内部留保が400兆 余と、過去最高になったと報じられている からでしょう。 (ご参考→ https://goo.gl/8KMbEs ) 内部留保が過去最高に…

共感から始まる顧客価値創造

先日、経営コンサルタントの阪本啓一さん の著書、「『こんなもの誰が買うの?』が ブランドになる共感から始まる顧客価値創 造」( http://amzn.to/2yq5uNE )を拝読し ました。 タイトルから分かる通り、売れそうにない ものを売れるものにするという実例が…

走姿顕心

先日配信された、イエローハット創業者の 鍵山秀三郎さんのメールマガジンに、「走 姿顕心(そうしけんしん)」という言葉が 紹介されていました。 (ご参考→ https://goo.gl/7jjazB ) 言葉の意味は、走っている姿に、そのまま 選手の心が顕れるという意味…

何が一番?

新聞の折り込み広告を見ると、「当店は、 お客さま第一主義です」というスローガン が書かれているものもある一方で、求人広 告には、「当社は社員を大切にする会社で す」と書かれていたりします。 そして、会社の投資家向けのページを見る と、「弊社は株…

とにかくやってみる

今回も少し非論理的なことを書きます。 私が事業改善のお手伝いをする会社さまに は、どのような改善策を行うかは、基本的 に、その会社に決めてもらいます。 どうすれば事業が改善するかを考えること がコンサルタントの仕事と考えている方も 多いと思いま…

クイックレスポンス

先日、新宿荒木町にある青森PR居酒屋 「りんごの花」の女将、茂木真奈美さんに お会いしました。 ちなみに、りんごの花のWebPageは こちらです。→ http://www.ringonohana.com/ 茂木さんにお会いしたのは、茂木さんのお 店が業績を伸ばしている秘密…

他人を巻き込む力

私はコンサルタントなので、非論理的なこ とは述べないように気をつけているのです が、そうは言っても、経営は人が有機的に 関わることがらですので、非論理的なこと も考えながらコンサルティングに臨んでい ます。 (このようなことは、わざわざ述べるま…

リースに関する誤解

先日、リースに関する私へのインタビュー が、週刊東洋経済に掲載されました。 (ご参考→ https://goo.gl/xgDuqf ) このインタビューを受けた時にも少し感じ たのですが、ビジネスマンの方々の間で、 リースについて誤解されている点があると 感じましたの…

何でも屋を楽しむ

先日、バランス経営クリエイターの鈴木淑 子さんのご著書「未来につながる働き方じ ぶんサイズで起業しよう!」 ( http://amzn.to/2yef5a9 )を拝読しまし た。 鈴木さんは、都市銀行で派遣社員として働 いていたとき、弟の妻が余命3か月の宣告 を受けたこと…

君が取り組んでいる問題が赤なだけだ

先日、米国のコンサルティング会社のアー ビンジャー・インスティテュートの著書 「自分の小さな『箱』から脱出する方法 ビジネス篇管理しない会社がうまくいく ワケ」( http://amzn.to/2xt8aWv )を読み ました。 原書のタイトルは「The Outward Mindset : S…

CCC

CCCとは、キャッシュ・コンバージョン ・サイクルの略語で、米国のアップル社が この指標を使って資金管理をしているとい うこともあり、近年、この指標を重要視す る会社が増えてきているようです。 すでに多くの方がご存知と思いますが、こ こで改めて…

残業がなくならない本当の理由

経営コンサルタント、清水久三子さんのご 著書「外資系コンサル流『残業だらけ 職場』の劇的改善術」を拝読しました。 内容は、なぜ、職場に無駄があるのかとい うことを説得力ある根拠をもって説明した 上で、その解決策を示しています。 その具体的な内容…

コンサルティングの上手な活用法

タイトルは「コンサルティングの上手な活 用法」なのですが、活用法というよりも、 コンサルタントとどのように関わっている 会社が業績をあげているのかということを 述べたいと思います。 ひとつめは、事前に相談がある会社です。 言い換えれば、何か困っ…

記憶より記録

先日、佐々木正悟さんのご著書、「なぜ、 仕事が予定どおりに終わらないのか?」 ( http://amzn.to/2kpxETl )を読みまし た。 読もうと思ったきっかけは、自分の仕事を 効率的にしようと思ったからなのですが、 別の意味で気づかされることが書いてあり まし…

どしゃぶりの時に傘を取られないために

「晴れの日に傘を貸し、どしゃぶりの時に 傘を取り上げる」と銀行を揶揄する経営者 の方は多いと思いますが、それでは、 どしゃぶりのときに傘を取り上げられない ようにするにはどうすればよいかというこ とについて述べたいと思います。 前述の揶揄は、会…

特定社債保証制度

今回は、特定社債保証制度について説明し ます。 特定社債保証制度とは、会社が資金調達を するために発行する社債について、その社 債を引き受けた人(会社)に対して返済 (償還)の保証をする制度です。 この制度の説明の前に、まず、社債につい て説明し…

効果のあるPDCA

世の中には、成功するための本やセミナー や教材などであふれています。 しかし、それらがいつまでたってもなくな らないのは、それらが実際には効き目がな いということになってしまいます。 もちろん、それはコンサルタントにも当て はまります。 現在の日…

利息は返すものではなく払うもの

中小企業診断士の安田順さんのご著書、 「社長のための『中小企業の決算書』読み 方・活かし方」( http://amzn.to/2kaErju ) を拝読しました。 内容としては、銀行職員は、なかなか本音 を融資先の経営者に話さない。 また、融資審査にあたって銀行職員は、…

会社にお金が残らない本当の理由

先日、税理士の岡本吏郎さんのご著書、 「会社にお金が残らない本当の理由」 ( http://amzn.to/2xSpTdw )を拝読しまし た。 本のテーマの「会社にお金が残らない本当 の理由」は、会計のルールは主に税金を計 算するために作成されていて、経営者の経 営判断…

ぶれない

先日、横浜DeNAベイスターズ初代社長 を務めた、池田純さんのご著書「空気のつ くり方」( http://amzn.to/2x23JBA )を読 みました。 池田さんは、ベイスターズの野球チームと しての成績が振るわない中で、売上高を 2011年の51億円から、2015…

事業を改善する方法

中小企業の経営者の方と雑談をするとき、 よく、「最近の経営環境は厳しいですね」 ということを聞きます。 しかし、私は「かつてより厳しくなって 来てはいると思いますが、とはいえ、 八方塞ではないと思っています。 むしろ、業績を改善する方法は明確で …

事業計画による改善活動

事業計画は大切とは言われつつも、 実際に活用している会社は少ない ようです。 実際のところ、中小企業では、 融資を受けるために銀行へ渋々提出して いるという例が多いのではないので しょうか? 一方で、私が顧客の事業改善をお手伝い するときは、事業…

会計データの体制整備

私が、融資申請のご相談を受けて、最初に 苦心することが、会計データが乏しいと いうことです。 融資の承認を得るために苦心している 会社は、一般的には業績が芳しくない ことが原因ですから、まず、その原因を 明らかにしなければなりません。 でも、その…

回収までが仕事

俳優の滝藤賢一さんとお笑いタレントの 横澤夏子さんが出演している、経理 システムのテレビコマーシャル ( https://youtu.be/SAVu9YVw-sE )を 見ると、そのような場面に心あたりの ある方が多いのではないかと思います。 恐らく、横澤さんの演じる営業部員…

人は城、人は石垣、人は堀

「人は城、人は石垣、人は堀、情けは 味方、仇(あだ)は敵なり」という格言は、 所説もあるようですが、戦国武将の武田 信玄の残した言葉として人口に膾炙して います。 この言葉の示唆するところは、「どんなに 強固な城をつくっても、人の心が離れて しまえ…

経営品質の成熟度

私は事業改善をお手伝いする会社に、 「組織としての力を高めましょう」と お伝えしています。 ただ、組織の力が強い状態とはどういう 状態なのかということは分かりにくい ものです。 そこで、私は「経営品質の成熟度」 (以下、単に「成熟度」と記します)…

成功の定義

経営者の方は、よく「あなたの『成功』の 定義はなんですか」ときかれることが あると思います。 ただ、これは、主に、心構えを問われる ときのフレーズだと思います。 すなわち、「収入が増える」、「社会に 貢献できる人になる」、「多くの人から 尊敬され…

マーケティング

今回は、「マーケティング」について述べ たいと思います。 「マーケティング」はよく使われている ことばである一方で、何を指すのかという ことについては漠然としているようです。 もともとの、英語のMarketは、「市場」、 または「市場で取引する」とい…

聖域

中小企業に限りませんが、多くの会社 には、経営者も口出しがしにくい部署、 すなわち聖域があります。 特に、中小企業では、営業部門や総務経理 部門が聖域になりやすいようです。 そして、「会社の聖域」というと、それが 存在することはあまりよくないこ…

いつコンサルティングを受けるか

例え方が不適切なところをお許しいただき たいのですが、私がサラリーマン時代は、 風邪をひいたときに、薬だけで治そうと して、病院に行くことを避けようとして いました。 結果として治らず、最終的に病院へ行く ことになるのですが、そうであれば、 かか…