鄙のビジネス書作家のブログ

鄙で暮らす経営コンサルタント(中小企業診断士)・ビジネス書作家六角明雄の感じたことを書いているブログ

経営品質は畑の土

これまで3回にわたって組織の能力につい て説明してきましたが、この組織の能力と は、経営品質とほぼ同義語であると私は考 えています。 では、経営品質とはなにかというと、これ は明確な定義はないので、私なりに考えて いるものを述べると、ISO90…

組織の能力とリーダーシップ

前回、前々回と、組織の能力について述べ てきましたが、今回は、組織の能力とリー ダーシップの関わりについて述べたいと思 います。 以前、リッカートのシステム4について説 明いたしました。 (ご参考→ https://goo.gl/xF8Eua ) リッカートによれば、リ…

経営戦略と組織の能力

前回は、組織の能力を向上させることの大 切さについて説明しましたが、この、組織 の能力を向上させることよりも、売上を得 るための施策や、何らかのツールを使って 事業を改善することを重視する経営者の方 は少なくないようです。 その理由としては、何…

人材育成から組織力向上へ

私に対して、どのようなコンサルティング をするのかときかれることがありますが、 そのようなときは、組織力を向上させるコ ンサルティングをすると答えています。 これに対して、よく、人材育成をすること と間違えられることがあります。 組織力を向上さ…

決断は成功への鍵

先日、ライザップ社の財務分析について述 べましたが、同社の業績悪化に関する報道 について気になったことがあり、ここで述 べたいと思います。 (ご参考→ https://goo.gl/fHGsED ) 分かりやすさを優先するために、正確さを 犠牲にして述べれば、「ライザ…

経営者保証を外すことは難しくない

平成25年に経営者保証ガイドラインが公 表されてから、多くの中小企業では、経営 者を連帯保証人にすることなく、融資を受 けたいと考えるようになったようです。 (ご参考→ https://goo.gl/GPWFx6 ) その一方で、銀行はなかなか経営者の保証 を外してく…

意思決定できる人材

久留米大学教授の塚崎公義さんが、ポッド キャスト番組( https://goo.gl/cvZTmf ) で、組織の意思決定に関するお話をしてお られました。 「ある山奥の村に、高齢者5人だけが住ん でいるとします。 そのため、その村では、山奥に住む高齢者 5人のために、…

ボトルネック

先日、ソフトバンクの携帯電話が通信障害 となり、大きな混乱となったようです。 携帯電話をかけることができなくなれば、 ビジネス面でいうと、電話での商談ができ なくなったり、外出先でインターネットを 閲覧できなくなったり、QRコードでの決 済がで…

メガバンクのホールセール化

昨年、三菱UFJフィナンシャルグループ は9,500人分の業務量削減、三井住友 フィナンシャルグループは4,000人分 の業務量削減、みずほフィナンシャルグ ループは19,000人の人員削減を発表 しました。 (「業務量削減」と「人員削減」は、…

これからのあるべき銀行

金融庁が、地方銀行のお手本と賞賛してい た、地方銀行のスルガ銀行が、実は、不正 な融資をしていた上に、同様に金融庁がお 手本の信用金庫と賞賛していた東京都内の 大手信用金庫も、スルガ銀行と同様に投資 用不動産向融資に注力し、かつ、その不動 産を…

2つの資金管理

この件は、これまで何度か書いてきている ことなのですが、資金管理で苦心している 会社が少しでも減って欲しいと思い、別の 切り口から書きたいと思います。 会社の資金管理は、現金(預金を含む)の 残高(流動性)と、利益の多さ(収益性) の2つが必要…

繁盛店のラーメンがおいしい訳

先日、東京都内で日報コンサルタントの中 司さんが主催した、売上日報セミナーを見 学してきました。 そして、セミナーの受講者の中に、都内の ラーメン店の店長さんがいました。 中司さんのご紹介でその店長さんとごあい さつさせていただいたのですが、と…

おかしな役職の弊害

9月に、スルガ銀行の不祥事に関し、第三 者委員会の調査報告書が公表されました。 (ご参考→ https://goo.gl/6GHsMa ) この中で、同社の不祥事に直接は関係がな いことなのですが、気になる点があったの で、それに関する私の考えを述べたいと思 います。 …

営業許可と融資承認はどちらが先か

ときどき私が相談を受ける質問に、飲食店 などの営業許可が必要な事業を始めるにあ たって、営業許可がおりていないと融資を 受けることができないが、営業許可を受け るには、融資を受けて店舗に設備などを備 えなければないので、どうしたらよいのか とい…

自分が変わらなければ部下も変わらない

今回は、私がサラリーマン時代に経験した ことについて書きます。 かつて、私が銀行の渉外係をしていたとき に、ありていに言えば、あまり実務経験を 積んではいないものの、世渡りが上手で出 世した上司が赴任してきました。 もちろん、その上司も、業績を…

ポストが赤いのは社長の責任

経営コンサルタントの小山昇さんのご著書 「人を動かしたいなら、『やれ』と言って はいけない-思い通りに部下が動く“すご い”伝え方」( https://amzn.to/2Q4TY46 ) を拝読しました。 この本は、タイトルからもわかる通り、経 営者がどうやって従業員の心を…

ABCとABM

公認会計士の林總さんのご著書、「『原価 計算』しているのに、なぜ『儲け』が出な いのか?コストを見える化する『ABC』 入門」( https://amzn.to/2QATpi5 )を拝 読しました。 これは、伝統的な原価計算には限界があ り、見えにくいコストを活動基準原価…

融資は借りられるときに借りる

先日、経営コンサルタントの小山昇さんの ポッドキャスト番組を聴きました。 (ご参考→ https://goo.gl/K5nUMz ) この番組で、小山さんの顧問先の鶴見製紙 株式会社の里和永一さんが、銀行からの融 資についてお話しておられました。 すなわち、里和さんは…

銀行職員と何を話すか

私は、銀行から融資を受けることができる ようにするには、毎月、銀行に前月の事業 の状況を報告にいくことをお薦めすると、 これまで述べて来ました。 しかし、これをなかなか実践できる中小企 業経営者の方は、少なく、その最大の理由 は、月次決算書を翌…

経済統計を読む

中小企業経営者の方の中には、経済統計を 定期的に見る習慣のある方も少なくないと 思いますが、まだ、見ていない方もいらっ しゃると思いますので、今回は、経済統計 について述べたいと思います。 日本で発表されている経済統計はたくさん ありますが、私…

アイディアを募ることは無責任?

よく、経営者の方が、従業員の方に対し、 「新しい収益機会や事業改善につながりそ うな、よいアイディアがあったら出して欲 しい」という要望を出すことがあります。 これは、一見すると、ボトムアップでの事 業改善の手法であり、評価できる手法と思 われ…

事業改善の当事者

先日、日産のゴーン前会長が金融商品取引 法違反で逮捕された問題に関し、同社を監 査した監査法人の責任が問われるのではな いかという旨のを読みました。 (ご参考→ https://goo.gl/mvcJ9M ) しかし、私は、以下のような理由から、同 社で強大な権限を持…

木こりとサトリ

先日、岡山県倉敷市にある真言宗の寺院、 高蔵寺の住職の天野高雄さんのメールマガ ジンを読みました。 (ご参考→ https://goo.gl/aZgqBW ) 「仏教説話に『木こりとサトリ』というも のがあります。 サトリとは架空の獣のことで、誰もが獲物 として狙ってい…

仕事を追いかける

先日、経営コンサルタントの小山昇さんの ポッドキャスト番組を聴きました。 (ご参考→ https://goo.gl/LZGc1q ) 番組の中で、小山さんの経営者向けの塾の 塾生で、三重県で運送会社を経営しておら れる、池畑弘樹さんが、同社の人材確保の 方法についてお…

付加価値をつくることが事業の条件

イエローハット創業者の鍵山秀三郎さんの メールマガジンに、付加価値について書か れていました。 「人間社会は人間の生み出す付加価値で成 り立っています。 価格破壊は、この付加価値の否定につなが ります。 人間がお互いに感謝しながら生活していく た…

銀行はひとのふんどしで相撲をとっている

先日、ブログを書くことで事業を改善する 手法を薦めておられる、経営コンサルタン トの板坂裕治郎さんのブログを拝読しまし た。 このブログの記事で、板坂さんは、安易に お金を借りようとせず、その前に、お金を 借りなくてすむ工夫をすることが大切だと …

手間をかける効果

以前、税理士の金成祐行先生から、顧問先 の社長に、自社の経理記帳を3年間行って もらったら、その社長から、自社のお金の 動きが把握できるようになり、改善すべき 点も見つけられるようになったということ を聞きました。 (ご参考→ https://goo.gl/eR9L…

役員報酬はなぜ高いのか

先日、日産を再生させた、同社のカルロス ・ゴーン会長が東京地検特捜部に逮捕され たという報道がありました。 この事件に関する情報は、まだ、少ないの で、私のような素人はとても論評すること はできないのですが、この事件に関する専 門家などの論評で…

融資を受ける金融機関の選び方

私がよく受ける質問に、融資を受けるにあ たって、どの金融機関を選べばよいかとい うものがあります。 この、「適切な金融機関」とは、次の2通 りあると思います。 ひとつめは、起業時に融資を受ける場合に 適した金融機関です。 これは、日本生活金融公庫…

融資対策は免罪符にはならない

このことについては、いままで何度か述べ て来ているのですが、私は、いわゆる「融 資対策」は不要と思っています。 私が銀行職員の時も、融資先の会社が赤字 であっても、経営者の方が真摯に事業改善 に取り組み、少しずつでもその努力が結果 として現れて…