読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鄙のビジネス書作家のブログ

鄙で暮らす経営コンサルタント(中小企業診断士)・ビジネス書作家六角明雄の感じたことを書いているブログ

繁忙期があることは望ましいことか

事業の内容にもよりますが、季節的に

繁忙期がある事業がたくさんあります。


そのような事業を営んでいる会社の

経営者の方は、毎年、「忙しい時期を

乗り切るのはたいへんだ」と感じて

おられるし、そのようなことを

口に出しておられるでしょう。


繁忙期があるということは、

売上が伸びることでもあり、

望ましいとは感じるのですが、

銀行職員やコンサルタントとして、

長い期間、中小企業のお手伝いを

してきた私としては、

少し疑問を感じることがあります。


というのは、繁忙であることが、

利益に貢献しているかということです。


例えば、紅葉の時期に繁忙期を迎える

観光ホテルについて考えたいと思います。


このようなホテルは、10月と11月は

稼働率が90%を超えます。


しかし、他の月は稼働率が50%程度で

あるとします。


その結果、年平均での稼働率が60%に

なるとすれば、採算がよいとは言えない

でしょう。


このようになる原因としては、

繁忙期を乗り切ることに、

経営者や従業員の関心が集まってしまい、

年間を通じての採算については

関心が少ないということでしょう。


これを改善するには、

「紅葉」という外部の要因に頼らず、

自社のホスピタリティを高める、

すなわち、

自社の内部の要因で売上を得ることで、

繁忙期以外の稼働率を高くすることです。


このようなホテルは、

繁忙期があるために、

本当に目を向けなければならない課題に

目が向かなくなっているという

ことでしょう。


ちなみに、

上記の例とは条件は異なりますが、

アパホテルが需給に応じて

宿泊料を変えたことが

話題になりました。


(参考記事→ https://goo.gl/ImUZIG


一部には批判的な意見もありますが、

私は、これは、評価できる方針だと

思います。


「宿泊料が高いから宿泊しない」と

感じる利用者はいるかもしれませんが、

それでも値上げをしたということは、

自社のサービスの自身の裏打ちが

あるからでしょう。


繁忙期がある事業の経営者の方は、

繁忙期が本当に自社に利益を

もたらしているかどうかという

ことについて検討してみると、

さらに利益をあげるための

ヒントが見つかるかもしれません。

 

 

 

f:id:rokkakuakio:20170102132050j:plain