読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鄙のビジネス書作家のブログ

鄙で暮らす経営コンサルタント(中小企業診断士)・ビジネス書作家六角明雄の感じたことを書いているブログ

リーダーは何もしない

藤沢久美さんのご著書「最高のリーダーは

何もしない」( http://amzn.to/2o0WNVb )

を読みました。


藤沢さんは、実際に会社の経営者にお会い

して、お話を聞いた内容をもとにこの本を

書いておられるので、とても説得力のある

内容になっています。


そして、「リーダーは何もしない」という

のは、結論としては、「価値前提の経営」

をするということです。


すなわち、いちいち細かく指示を出したり

細かい指示を出すのではなく、どういった

行動をすればよいのかという「価値観」を

従業員の方に伝えるという経営の仕方を

示唆されておられます。


従業員の方たちは、経営者から示された

価値観に基づいて行動するようになれば、

リーダーは「何もしない」ということに

なります。


この本を読んだ後、私は、望月広愛さんの

書いた「文句ばかりの会社は儲からない」

( http://amzn.to/2o0SLvE )という本の

中に書いてあったお話を思い出しました。


それは、望月さんの知り合いの経営者の

方がお話ししていたもので、経営者は

バスの運転手のような役割だという

ものです。


すなわち「よい運転手(社長)は、

乗客(従業員)に旅を楽しんでもらう

役割を担っている。


乗客が車窓の景色を楽しんでいるときに

一緒になって楽しむのではなく、バス

(会社)を安全に運転させることに

心がけ、それによろこびを感じる人で

なければならない。


そして、乗客から自然に感謝され、

『運転手さんのような人になりたい』と

思われるようにならなければならない」

というものです。


ひとことで言えば、経営者は縁の下の

力持ちであり、「表に出ない」という

ことが、藤沢さんのいう「何もしない」

に当てはまるのだと思います。


話しがそれますが、コンサルタント

これにあてはまると思っています。


私が目指すコンサルタントは、決して

表に顔を出さず縁の下の力持ちに

徹しなければなりません。


そして、「どうして自社はコンサル

タントにコンサルティングを依頼

しているのだろう」と思われることが

理想です。


話しを戻すと、私が薦めたい経営者の

タイプは、ここで述べたようなタイプ

です。


とはいえ、優秀な経営者とは、ここで

述べたタイプだけとは限りませんが、

縁の下の力持ち的な経営者の経営する

会社の多くが、業績のよい会社の多くの

部分を占めていると思います。

 

 

 

f:id:rokkakuakio:20170328174510j:plain